一年ぶりの日記と展示のお知らせ

お久しぶりです。

去年のワンフェスから1年、今日もワンフェスがあり行ってきました。

 

後ほど、ワンフェスのブログもまとめようと思います。

 

さて、展示のお知らせがあります

 

展示の告知

なんだかんだで1年に一度は展示にお誘いいただきありがたい限りです。

 

f:id:kaerechan:20180218192319j:image

 

f:id:kaerechan:20180218192337j:image

 

今回の展示は

新宿眼科画廊のスペースE

会期は、3月23日〜28日の5日間です

展示名は「inter face」

 

そして、スペースSでは
小菅星奈さん、 ミヤタナナさんの展示

『天国と地獄』

会期は、同じく3月23日〜28日の5日間

 

 

 

こちらも併せて見ていただくのをオススメ致します。

 

さて、展示名のインターフェースとは二つのもののデータや回路を仲介する装置や回路のことなのですが、宏美さんは岡山に住んでいて、わたしは東京に住んでいて、共通の友人もいなければ、インターネットもなければ出会うことがなかったそんな二人が繋がりを介して出会ったという意味で「inter face」という展示名になりました。

 

岡山と東京

一緒に展示をさせていただく宏美さんとは2年前頃から知り合い、宏美さんは岡山から東京に来ていて去年の11月には個展で「岡山→東京」という展示をされました。

 

 

宏美さんはとにかく絵を描く技術や知識もすごくていつも尊敬している方の一人でもあります。

 

わたしは、小さいときに父の転勤で香港に住んでいたのですが日本に帰ってきて以来東京以外の地域へ行ったことがありません。なので、岡山から東京へ個展、二人展とどんどん活躍している宏美さんの行動力のすごさが宏美さんの魅力のひとつでもあります。

 

わたしの中で展示の名前をinter faceにしようと思った理由が二つあります。

 

宏美さんとわたし

まずひとつめ、宏美さんとわたしはまったく共通点がなく、別々の世界に生きていて、共通の友人や、インターネットがなければ出会うことがありませんでした。

 

 

宏美さんはアイドルオタク でもあり、すごく勉強家で美術以外のこともとても詳しいです。

わたしは、秋葉原がすきで、ゲーム、アニメ、漫画、フィギュアなどいわゆるオタク文化に詳しいです。

そして、共通の友人、インターネットがなければ出会うことがなかったわたしたちの世界、わたしの知らない世界、宏美さんの知らない世界そんないろんなの世界の可能性を繋いだらどんな展示になるのだろうと思い二人展をすることを決めました。

 

萌えと世界とわたし

そして、もうひとつは、萌えと世界をわたしを介してこの世に繋いでいたいからです。

 

 

わたしはずっとオタクとして生きてきて今も多分オタクなのだと思います。わたしは昔から飽きやすい性格で同じものをずっと好きになることができませんでした。ですが、アニメやゲームはずっと好きでその中でも特に美少女を取り扱ったもの所謂、「萌え系」というものが好きでした。

当時からというより、萌え系はわたしが生まれる前から嫌われたり、気持ち悪がられる対象のように感じていました。

今でも、世の中の目はあまり変わってはないと思っています。

わたしはそんな世界を例えるなら、呪っていました。

わたしは萌えにたいして執着しすぎてしまい、今では萌え系も少なくなり幽霊のような存在になってしまいました。

でも、わたしは萌えがなければわたしは救われなかったし今のわたしは居なかったと思います。

なので、わたしは自分のすきな萌えを消したくなくて、わたしだけがわかっているうちにこの世に繋ぎ止めておきたいと思い描きはじめました。

 

以上が今回の展示のきっかけです。

よろしければ、ご高覧下さい。

 

今年の目標とかいろいろ

 

去年から計画性がないことや、自分のネガティブな考え方を少しずつ練習して変えていきたいなと思い、無理せず出来る限り目標決めてメリハリをつけて生活できればなと思い、2個目標を決めました。

 

  1. 健康
  2. 無理をしない

 

健康の目標は、ちゃんとごはんを食べて、寝て、やりたいことを好きなようにやるというゆるいものに設定しました。カチカチな目標にすると嫌になりそうだったからです。

 

無理をしない目標は、無理して計画をして、なにもできなくなってしまったら自分にとってよくないからです。だから、今年は自分を大事にします。

 

 

わたしの病気のこれから

 

一昨年から現在、2年間病気を患っていました。(病名は伏せます)

わたしは、今までこうならなければ、こうであるべきだと、頑ななバカ真面目でした。
そして、今までのいろんなことが塵みたいに積もって、疲れた結果、一昨年から病気を患っていて無理をすると体調が悪くなり動けなくなったり、気圧で体調が悪くなったりして周りの人たちに迷惑をかけてしまいました。

 

病気は仕方ないと思います、わたしの病気はいつか治るものです。だからといって、甘えてるわけではありませんし、甘えるのは悪いことではありません。甘えて生きる気持ちになったり、嫌な気持ちになったり難しいけれど、薬で楽になったり、好きなことで気持ちが穏やかで自分が生きやすい方がわたしはいいと思うからです。

 

長くなりましたが、今年は展示からはじまり良い年になりそうで嬉しいです。

 

展示でお会いできたらもっと嬉しいです、全然適当な感想や感想もいらないです、よければわたしの絵を気軽に見に来てください。

 

でも、宏美さん、先程一緒に告知を紹介させていただいた、ミヤタナナさんや星奈さんの絵もとてもよいのでよろしければ見に来てください!

 

 

 

wonder festival2017冬 フォトレビュー

 

f:id:kaerechan:20170219211743j:image

今回はわたしが寝坊したせいで 

午後からの参加になってしまいました

 

商業ブースとBOMEさん、Mr.さん、村上隆さんのトークショウの模様をお届けしたいと思います。

 

f:id:kaerechan:20170219211939j:image

(左からMrさん、BOMEさん、村上隆さん)

 

f:id:kaerechan:20170219211954j:image

 Mrさんの新作フィギュアの考案をみんなで考えているの図です

 

前回のGUCCIの4doorsで展示されてたフィギュアです(少し靴下のところが加筆されていて良くなっていました)

f:id:kaerechan:20170219211948j:image

 

トークショウというより今後のフィギュア製作の作戦会議という内容でした

30分という短い時間でしたが、作品の説明やBOMEさんとMrさんの関係性について知ることができ良かったです。

 

 f:id:kaerechan:20170220001911j:image

本日付、できたてほやほや新刊に

サインをいただいてしまいました…

 

トークショウも終わり、時間はすでに

16時前あと1時間程しかないので

行きたいところはほぼ削り

商業だけをぶらりすることにしました

  

モデリズム 卓番WF-5-16-14

初音ミク&メカトロウィーゴ

f:id:kaerechan:20170219212337j:image

 

f:id:kaerechan:20170219212341j:image

 

初音ミクとメカトロウィーゴがコラボ

付属の初音ミクフィギュアは

カートゥーンのアドベンチャータイムのデザイン仕様になっています

 

こちらが前回のwf2016夏の様子です

f:id:kaerechan:20170220002011j:imagef:id:kaerechan:20170220002020j:imagef:id:kaerechan:20170220002030j:image

 

前回のワンフェス2016夏(以下wf2016夏)では、かなり大きめのスペースをとられていたのですが、今回はかなり縮小されていました

 

以下、商業ブースの紹介です

まず、azone

f:id:kaerechan:20170219234615j:image

 

サアラ/しろねこ

f:id:kaerechan:20170219234620j:image

 

アビシニアン/マヤ

f:id:kaerechan:20170219234625j:image

 

アゾンサアラズ ア・ラ・モードシリーズの展示でしたが、こちらの商品は手に入れられなかったドールだったので見ることができて嬉しかったです

 

こちらも商業ブース

グリフォン

新ブランド

Grand Toys(グランドトイズ)

真紅(1/2スケール)

f:id:kaerechan:20170219235336j:image

f:id:kaerechan:20170219235344j:image

 

雛苺(1/2スケール)

f:id:kaerechan:20170219235353j:image 

f:id:kaerechan:20170219235401j:image

 

グリフォンの新ブランドGrand Toysのフィギュアでした。

翠星石蒼星石雪華綺晶もありました。水銀燈は現在製作中とのこと。

 

続いても、商業

そに子10th anivasal 展とのことで

ずらっと並んだそに子は圧巻でした

 

f:id:kaerechan:20170220000154j:imagef:id:kaerechan:20170220000224j:imagef:id:kaerechan:20170220000231j:imagef:id:kaerechan:20170220000240j:imagef:id:kaerechan:20170220000249j:imagef:id:kaerechan:20170220000257j:imagef:id:kaerechan:20170220000307j:imagef:id:kaerechan:20170220000324j:imagef:id:kaerechan:20170220000330j:image

 

その他そに子や、ウェディングverのそに子も展示されてました(時間がなかったのでウェディングverは撮れませんでした…)

 

以下、プルクラ、quesQ、Orchid Seed、ワンダちゃん(順不同)

 

Orchid Seed

パンティ&ストッキング

f:id:kaerechan:20170220000750j:image

パンティ(1/8スケール)

PVC製

f:id:kaerechan:20170220000754j:image

ストッキング(1/8スケール)

PVC製

f:id:kaerechan:20170220000800j:image

 

ワンダちゃん

f:id:kaerechan:20170220000841j:imagef:id:kaerechan:20170220000849j:imagef:id:kaerechan:20170220000854j:image

 

プルクラ

等身大フィギュア

レム

f:id:kaerechan:20170220001005j:image

f:id:kaerechan:20170220001015j:image

 

ネプテューヌ

f:id:kaerechan:20170220001016j:image 

 

だがしかし

f:id:kaerechan:20170220001203j:imagef:id:kaerechan:20170220001206j:image

 

すーぱーそに子 ニットver

f:id:kaerechan:20170220001222j:image

 

quesQ

すーぱーそに子 ラブ♡ボンバー

f:id:kaerechan:20170220001051j:imagef:id:kaerechan:20170220001055j:image

 

無彩限のファントム・ワールド

川神 舞

f:id:kaerechan:20170220001254j:imagef:id:kaerechan:20170220001257j:image

 

以上、wf2017冬フォトレビューでした

次の夏までにカメラ機材を揃えて

より良い写真をお届けできればなぁ

と考えております

 

かえれちゃん2002

 

 

obさん個展「狭間の船」を見て変わった世界

先日、中野 Hidari zingaroにて憧れのobさんの個展を見てきました。

f:id:kaerechan:20161225232806j:image

obさんの作品の女の子たちは何かを問いかけてくるような目をして私たちを見つめてくれる。

今回の私は正直、obさんの作品の女の子たちを見るのが辛かった。それは、私自身が今とても惨めで作品の中の女の子たちに救いを求めていたのかもしれない。

また、今回の展示ではトークショーもありトークショーにも参加させていただいた。

トークショーでは、作品の説明からobさん自身の内面的な話も聞けてとても参考になる話でした。

中でもとても印象的だと感じたのは、会話中に突然泣き出した女の子の話だった。今の私にはわかる、というともしかしたらobさんに申し訳ないがobさんの作品の優しさがとても傷つく。

それは、obさんが悪いわけでもないしわたしが悪いわけでもないわたしはobさんが大好きです。

obさんの作品の女の子たちと一緒に生きていきたいという気持ちがあるけど、生きてはいけないという気持ちがちぐはぐになっている状態なのだ。(違うかもしれません、すみません)

来年もobさんの個展が1月20日からカイカイキキギャラリーにて展示されるそうです。

f:id:kaerechan:20161225232814j:image

来年のわたしはobさんとちゃんと向き合えるかな

 

2016.12.25.かえれちゃん2002