obさん個展「狭間の船」を見て変わった世界

先日、中野 Hidari zingaroにて憧れのobさんの個展を見てきました。

f:id:kaerechan:20161225232806j:image

obさんの作品の女の子たちは何かを問いかけてくるような目をして私たちを見つめてくれる。

今回の私は正直、obさんの作品の女の子たちを見るのが辛かった。それは、私自身が今とても惨めで作品の中の女の子たちに救いを求めていたのかもしれない。

また、今回の展示ではトークショーもありトークショーにも参加させていただいた。

トークショーでは、作品の説明からobさん自身の内面的な話も聞けてとても参考になる話でした。

中でもとても印象的だと感じたのは、会話中に突然泣き出した女の子の話だった。今の私にはわかる、というともしかしたらobさんに申し訳ないがobさんの作品の優しさがとても傷つく。

それは、obさんが悪いわけでもないしわたしが悪いわけでもないわたしはobさんが大好きです。

obさんの作品の女の子たちと一緒に生きていきたいという気持ちがあるけど、生きてはいけないという気持ちがちぐはぐになっている状態なのだ。(違うかもしれません、すみません)

来年もobさんの個展が1月20日からカイカイキキギャラリーにて展示されるそうです。

f:id:kaerechan:20161225232814j:image

来年のわたしはobさんとちゃんと向き合えるかな

 

2016.12.25.かえれちゃん2002